【簡易レビュー】FAR CRY5(PS4日本語版)

f:id:LINER03:20180331103148j:plain

概要

ジャンル:オープンワールド FPS

ゲームモード:キャンペーン(ソロ~オンライン2P協力) マルチプレイ(ソロ~2P協力or12P対戦) 画面分割なし

クリア時間:20~25時間(ストーリーミッションのみ、クリア重視でプレイした場合)

難易度:3段階(イージー、ノーマル、ハード)

ロード回数:少ない(死亡・ファストトラベル時のロードは除く)

ロード時間:長い(平均15~20秒)

セーブ:オートセーブ スロット数1

周回時の引継ぎ要素:なし

その他:

・キャンペーンクリア後の探索可

・難易度はいつでも変更可

・キャンペーン、マルチ共にCOOPはフレンドのみ(フリーマッチングなし)

マルチプレイ(アーケードモード)にはマップエディタ機能があり、ユーザーがアップロードしたマップを使って遊ぶ 

・周回時のセーブデータは前周回のセーブデータに上書きする為、必要であればプレイヤー側で別途USB等に保存する必要がある

本体への負荷は高めで、プレイ中はファンが常時回転する

 

システム

〇キャンペーンの流れ

f:id:LINER03:20180401012619j:plain

・マップは大きく3つの地区に分かれており、教祖ジョセフ・シードが率いるカルト教団「エデンズ・ゲート」の3幹部がそれぞれの地区を支配している。プレイヤーは、各地区を様々なレジスタンス活動によって解放して行く

・どの地区から解放するかは、プレイヤーが自由に選択可能

・それぞれの地区には、解放率と地元住民の抵抗度を示すレジスタンスメーターがあり、これが蓄積されて行く過程で、強力な捕縛部隊や幻覚によって敵に捕まるイベントが複数回発生する。最大まで蓄積されると幹部との直接対決となる 

レジスタンスメーターは、主にストーリーミッションサイドミッションカルト基地(敵に占拠された拠点の解放)、ランダムイベント(人質の救出、輸送物資の破壊や強奪など)によって蓄積される

・ミッション数は前作の約3~4倍(ストーリー、サイド合計)、全てのミッションをプレイしなくてもゲームクリア可能

・ミッションクリアの報告はその場で無線で済ませる為、依頼主の場所まで戻る必要は無い(オブジェクトを持ち帰るタイプのミッションは除く)

・敵拠点は若干減少、ベルタワーは削除

 

〇その他のコンテンツ
・プレッパーの宝(宝探し+簡単なパルクール

・釣り、ハンティング(資金稼ぎ、動物の皮を用いるクラフト要素は削除)

クラッチニクソン(レースチャレンジ)

・コレクタブル(6種類)

・基地マスター(制圧した拠点をリセットして再度攻略する。キャンペーンクリア+全拠点攻略後に利用可能。メニュー画面から全ての基地を一括でリセット

 

〇キャラクリエイト 

f:id:LINER03:20180402123708j:plain

基本:性別、顔パターン(8種類)、肌の色(3種類)、髪型7パターン×色4パターン 
服装:コスチューム(上下セット)、上着、パンツ、帽子、グローブ

・性別、顔パターン、肌の色はゲーム開始後変更不可

・服装は武器ショップ以外にも「メニュー画面→キャラクターカスタマイズ」でいつでも購入・変更可能、種類多め

・キャラクリエイトの自由度は、「ゴーストリコン ワイルドランズ」と同程度

・顔パーツのパラメータや体型、身長などを細かく指定する事は出来ない

 

〇ガンフォーハイヤー&ファングフォーハイヤー

f:id:LINER03:20180401075450j:plain

NPCを傭兵としてパーティーを組める(料金は発生しない)

・フィールドで出会うNPC兵士)をその場で雇うか、強力な傭兵として登場する専用NPCスペシャリスト)をメニュー画面から呼び出す

・基本的に、何時でもどこでも呼び出し可能(一部の重要ミッションを除く)

同時にパーティーを組める最大人数は2人(COOP時はゲストプレイヤーを傭兵としてカウントする為、NPCの傭兵は1人まで)。呼び出すとその場にスポーンする

移動、攻撃、追従の指示が可能。通常はプレイヤーが指示を出すか、戦闘を開始するまではプレイヤーに追従する

・ブーマー(犬)は、敵の視界に入っても発見扱いにならない+ポインター(敵を自動でタグ付けする能力)により、遠距離から一方的に敵をタグ付けする事が可能

・ダウンするとタイマーが表示され、時間切れになるか敵に止めを刺される前に救助すると、その場で復帰する。プレイヤーがダウンした場合は、救助の為に駆け付けてくれる

・倒されたりパーティーを解除しても、一定時間経過で再度招集可能

・歩兵タイプの傭兵にはビークルを運転してもらう事も可能(助手席に座る→マップ画面から目的地を指定する→自動運転をオンにする)

武装や衣装のカスタマイズは不可

 

〇PERK

f:id:LINER03:20180404090502j:plain

・5つのカテゴリーにそれぞれ10種類。最低でも9割取得可能

チャレンジ(ゲーム内実績)クリアやフィールドに置かれたPERKマガジンを拾ってPERKポイントを取得し、メニュー画面でポイントを消費してアンロックする

・アンロックの要求ポイントは高めだが、探索(特に宝探し)を行えば容易に手に入る

インベントリやホルスターのアップグレード、パラシュートやウイングスーツの購入は、PERKでのアンロック方式に変更

 

ビークル

f:id:LINER03:20180404093111j:plain

地上:(バギー 乗用車 4WD トラック トラクター トレーラー)
航空:水上機 レシプロ戦闘機 小型・中型ヘリ)
水上:水上バイク ゴムボート)

ビークル専用のショップで購入して呼び出す(呼び出しのコストは発生しない)。メニュー画面から任意の場所に呼び出す事は出来ない

ビークルのショップは4種類(ガレージ、ボートショップ、格納庫、ヘリショップ)がバラバラに点在している為、一ヶ所で全てのビークルの購入・呼び出しをする事は出来ない

・前作のブザー(ジャイロコプター)は削除

・戦闘用ビークルは、民間用のものに武装を施したものがメイン。正式な軍用モデルは少なめ

・搭載武器→マシンガンは無限弾(オーバーヒートの概念あり)、ロケット弾などは弾数制限あり(弾切れしてもその場で1000ドル払って補充可能)

・レシプロ機は乗降時にキャノピーを開け閉めするモーションがあったり、残弾がコクピットの計器に表示されるなど迫力満点。本当に戦闘機乗りになってドッグファイトする感覚が味わえる

・一部のビークルには自動運転機能あり

・航空機の加速と減速のチュートリアルに誤訳あり(実際は×で加速し、○で減速)

 

操作性、仕様

〇主人公
・今作は完全にプレイヤーの分身

・名前は無く、一切喋らない(被弾時や飛び降りの受け身を取った時に若干呻く程度)

・バックグラウンドや設定は「新人の保安官である事」と「敵に捕まった同僚を救出する事」のみ

・レベルやカルマの概念は削除

 

〇ヘルス
・メーター制で自動回復、緊急時の回復用として治療キットあり

・前作のようにメーターが分割されておらず、完全に一本のメーターになった為、ヘルスは自動で完全回復する

・治療キットが無くなった場合のマニュアル回復不可

  

〇アクション
簡略化・高速化:武器を拾う、死体を背負う、飛び降り時の受け身、格闘攻撃を受けた時の復帰
削除・省略(インタラクトで即入手):死体漁り、植物や動物の皮採集、バフ使用時の注射

素手と近接武器が追加。殴る以外に投げ・溜め攻撃、素手は構えながらのサイドステップ・バックステップ・ガードが可能

・テイクダウンと合わせて、近接・素手縛りでもかなり戦える

・ドアは押す(体当たりする)だけで開き、自動で閉まる

・動物タイプの傭兵には撫でのモーションあり(3キャラ×2種類ずつ)

・多少高い場所から飛び降りてもダメージを受けにくくなった

ダッシュは遠景が増えた為か、前作よりも体感で遅い

・遠距離でも視界が通る場合は発見されやすく、草むらに隠れれば近距離でも発見されにくいなど、ステルスはよりリアルになった

 

〇キルムーブ(テイクダウン=TD)
最初から利用可能:(カバーTD ヘビーTD レッジTD デスフロムアバブ)
PERKで取得:(チェーンTD サイドアームTD 近接投げ アイテムTD)
削除されたTD:(ナイフスローTD グレネードTD ドラッグTD 車輌TD) 

・テイクダウン関連のPERKは一つに集約(アサシン→テイクダウンマスター)

・テイクダウンのモーションも簡略化・高速化されたが、ストレスは減った分、手応えは薄くなった

・サイドアームTDは自分のサイドアームを使用する(弾薬も消費する)

・近接投げはナイフスローTDの代わり(自分が持っている近接武器を投げる)

・テイクダウンは発動中にもダメージを受ける、次の動作に移るまでに一瞬「溜め」が入る等、高速化した反面、隙が増えた

・格闘攻撃はナイフから素手に変わり高速化した為、敵は格闘攻撃でも怯みやすく、正面からのテイクダウンの難易度は低下した

 

〇その他
イベント:
リアルタイムレンダを多用している為、イベント中にアクシデントが発生しやすい(会話中のNPCが動物に襲われる、警戒状態になり会話が最初からやり直しなど)

HUD:ミニマップが削除され、代わりに距離インジケーターが導入された(Fallout4のインジケーターに近い)

マップ画面:3Dマップになった為、エリアの高低差が一目で分かるようになったが、凡例切り替え機能が削除された為、目標を一目で判別し辛くなった

コレクタブル:専用のミッションがあり、請け負うとショップで目標がマッピングされた地図が販売される

ファストトラベル:通常のものに加えて、拠点の上空からダイブするエアドロップが選択可能(専用のPERKでアンロック)

・日本語字幕は文字サイズが大きくなったが、切り方が中途半端で見辛い

・一部を除き、会話やカットシーンはスキップ可能

・植物はハイライトが控え目になり、発見し辛くなった

・移動中の会敵頻度は上昇

 

オプション

f:id:LINER03:20180411150145j:plainf:id:LINER03:20180411150207j:plain

・字幕、音声は英語か日本語のみ

・ボタン配置は基本的にプリセットのみ(地上1パターン・ビークル2パターン)

・左利き用のボタン入れ替えあり(LRスティックとLRボタン)

・レティクルに対するカメラ位置調整可能(垂直方向のみ2段階、中心orそれより若干上に持って来るか) 

インターフェース→通知やHUDのオンオフ切り替え。項目別or一括オンオフ可能

 

シューターとして

f:id:LINER03:20180414121938j:plain

モデリング
カテゴリー:ハンドガン SMG ショットガン アサルトライフル スナイパーライフル LMG ロケットランチャー グレネードランチャー 火炎放射器 弓など
カスタマイズ:サイト サプレッサー 弾倉 カラーリングの4種

・実銃メインで名称もほぼ同じ、種類は少な目。セレクター付き武器あり

・フロントサイトは大きめで、色が付いている為、背景とサイトが区別しやすい

・スコープ画面は最大2段階の切り替え式(倍率4~6倍)

・一部の銃はセレクターがデフォルトでバーストに設定されている為、フルオートで使用する場合は切り替える必要がある(特にマルチプレイの対戦で顕著になる)

・カスタマイズはゴーストリコンやディビジョンには劣る

・一部のスナイパーライフルは、スコープを外してボルトアクションライフルとして使用する事も可能

・サプレッサーはショットガンやライトマシンガンにも装着可能

・アーケードモードのライブイベントクリアで追加される銃あり

 

〇エイム感度
感度:
0~100、1単位で変更可(数値表示なし、地上・ビークル共通)
エイムアシスト:あり
反転:上下のみ

・ADS時は感度が低下するようになった(スコープ画面では低下しない)

・ADS時は若干の手振れ(銃火器の重量によって変わる)がありズーム率は低め、移動しながらのADSは手振れが大きくなり、命中率が劣化する

アシストを切ってもアシスト機能が強めに残るCoDに近い)為、前作よりも比較的命中率は高い

・控え目のリコイル、拡散率の低さ、距離が近い程強力になるアシストなど近距離の腰撃ちはかなり強力(ARやSGの腰撃ちは中距離でも良く当たる)

・前作の敵は体力が高く、被弾時には滑る様にして逃げ、フレームアウトする程大げさなノックバックを取っていたが、今作は体力が低く、ノックバックも控えめな為、連続して敵に銃弾を叩き込み易い→HSの重要性は低下した

 

〇発砲音
・良好。4に比べて音程は若干高く、より反響音が響く

・森の中では発砲音は撃ってから一瞬遅れて木霊になって帰って来る

 

〇モーション
・基本動作は繋ぎがスムーズになり、全体的に前作より軽快

・リロードモーションは若干遅い。ショットガンは初弾をポンプアクションで装填する。PERKで高速化可

・オブジェクトに隠れると、自動でカバーモーションに入る

ダッシュ中のリロード可

・伏せ不可(立ち、しゃがみのみ)

・スライディング可。前作より距離が伸びた。スライディング中の射撃不可

・ジャンプ力は低め

 

〇ヒット感
・敵を叩く様な軽いヒット音あり。環境、武器、距離によっては聞こえない事も多い

・ヒットマーカーなし

・一般的なシューターには劣るが、前作よりは手応えがある(木霊になって帰って来る発砲音を疑似的なヒット音にする、エイム難度と敵の体力低下など)

 

〇その他
・予備弾薬多め。特殊弾あり(通常の弾丸より強力)

・バフや一部の投擲武器はクラフト可能(材料があれば、その場でクラフト出来る)

RPG-7の弾速はかなり遅くなり、航空機撃墜の難易度は上昇

・持ち運べる武器の数(メイン3、サイドアーム1、近接2+素手、爆発系含む投擲9)

・武器ホイール内の配置変更は銃火器のみ。スロットの配置自体は変更出来ない

 

スクリーンショット

f:id:LINER03:20180401020342j:plainf:id:LINER03:20180401021030j:plainf:id:LINER03:20180401021222j:plainf:id:LINER03:20180401021139j:plainf:id:LINER03:20180401021716j:plainf:id:LINER03:20180404081746j:plainf:id:LINER03:20180404082921j:plainf:id:LINER03:20180401020716j:plainf:id:LINER03:20180404090640j:plainf:id:LINER03:20180401020941j:plainf:id:LINER03:20180411145810j:plain